スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶対王者    05/28/2007
歴史は塗り替えられていく・・・
強き挑戦者達によって、高みを目指すものたちによって。

今日の東京優駿をみて、それを感じざるを得なかった。

牝馬が夢の舞台で勝てるのか?そんな重圧が調教師・騎手に圧し掛かったに違いない。

過去の何度も先輩達が挑戦し、敗れ続けた夢の舞台。
牡馬達に紛れて牝馬か勝てるわけが無い。競馬の世界でもそのような男女差別があるようだ・・・

出走しても無理だ。特に長距離のレースなどもっての他だ。

だから牝馬の中のレースで活躍していこう。決して間違ったことではない。生まれ持った性によって体つきも違うのだから。

だが、彼女は挑戦した。

今年の牝馬は強い。それは昨年の2歳チャンピオンを決めるレースが終わった位にはファンの中で囁かれ始めた。歴代の中でもトップレベルのレースをしたことにより、彼女達の名はファンの心の奥に刻まれた。

そして、同時にダービーのライバルとなる彼も昨年の暮れに名を上げた。

彼は父親譲りの激しい気性を持ち、レース中もフラフラとよれる所も見受けられたが持ち前のスピードを武器に父と同じ舞台に上がり絶対王者になるための階段を登り続けた。

彼女もまた牝馬クラシックを目標に階段を登り続けた。父と同じく絶対的なスピードと大きな体をもっていた。

彼・彼女の共通点は父が共にダービー馬ということ。

両者とも着実に世代最強の階段を登り続ける。

そして、両者はそれぞれの舞台に辿り着いた。

しかし、ここで両馬とも多くの人気を受けつつも負けてしまう。奇しくも、彼・彼女の父も多くの人気を受けつつも敗退していた。。。血がそうさせるのか。。。

そして、彼らは夢の舞台で走ることになる。

彼は、当たり前のローテーション。すべてのホースマンの最高の舞台なのだから。

周りを驚かせたのは彼女だ。優駿牝馬ではなく東京優駿に向かうことを決めたのだ。

これは前代未聞のことで、優駿牝馬の有力馬が東京優駿に向かうなど聞いたことが無い。

オーナー・調教師共に自信を持って送り込んだ。どんなに周りに否定されようとも、無謀だといわれても。そして、騎手も自信を持って乗った。世代最強だと信じて。

かつて彼女の上に乗る騎手は、彼女の父の上にいた事があった。

しかし、「ダービーにはダービーに相応しいジョッキーを鞍上に」という理由で名ジョッキーが選ばれた。

勝つために。

そして今、かつて父の上に乗っていた事があった騎手は彼女の上にいる。

勝つために。

馬・調教師・騎手それぞれが同じ目標を目指し、それぞれが血の滲むような努力をし、夢の舞台に辿り着いた。

彼らは挑戦者。いや、この舞台には挑戦者しかいないだろう。競馬に絶対はないのだから。

レースは今は亡きオーナーの悲願を叶える為にハナにたった馬が引っ張る形となった。近年のレースに比べて少し遅めで進む。牡馬クラシック第一弾で優勝した彼は後方で待機したため全体的に遅めな展開。そんなゆったりしたペースには我慢できないと、父親譲りの激しい気性の彼がゆっくり上がってゆく。彼女は後方で待機したまま。中段に有力馬がかたまり直線で一気に鞭がはいる。東京の長い直線。オーナーの悲願を叶えんとするハナにたった馬は直線の手前で一息入れたため直線でも後続との差がなかなか縮まらない。彼のエンジンがかかるほんの数秒前、彼女が馬群を裂いて飛び出してきた。父譲りのスピードが全開になるとその大鉈により後続の13頭をまとめてかわし、逃げた彼に3馬身をつけ夢の舞台での勝利を手にした。

スタンドには大きなどよめきが溢れた。戦後いまだかつて成し遂げたことの無いことを仕出かしたのだ。歴史が創られた、塗り替えられた瞬間だった。

彼女がウイニングランでスタンド前に帰ってくると大きな拍手が贈られた。そして、騎手は新スタンドを見上げ何かを思い出したように帽子を脱ぎ一礼した。私は、それをファンにしたものか馬主や関係者にしたものか皇太子にしたものか一瞬分からなくなってしまった。

ともあれ、彼女は世代最強といってもいいだろう。2:24.5というタイムがそれを証明している。

彼女は父と同じ絶対王者になった。

彼女だけの力ではない。彼女を成長させ仕上げた調教師、調教師を信じ夢の舞台への挑戦に踏み切ったオーナー、彼女の上に常に存在し信じ続け抜群のタイミングでgoサインを出した騎手、それぞれが全力をだした結果が夢の舞台での勝利に繋がったのだ。どれが欠けてもこの勝利は無かった。

仲間を信じ続けること。それが挑戦者達の心の支えなのかもしれない。


これは競馬だけでなく、どんなことにもいえるのではないだろうか。孤独のランナーなど存在しない。いつも声援を送ってくれる人がいる。道の脇に。家の中に。スタンドに。いつも隣に。そんな人達がいるから走り続けることができる。諦めはしない。


騎手が一礼をしたとき、彼女もひょこっと頭を下げた。
満員の観客に、
「応援してくれてありがとう」
と伝えるように。

そう感じてしまうのは私だけではないはず。


だから、私は彼女のことを応援し続けることに決めた。彼女が将来母になった後も。

そして、彼女は挑戦者であることをやめない。次は世界の舞台へという話が聞こえてくる。過去の先輩達がなかなか勝てない世界最高峰のレースの一つだ。

ここでも歴史を塗り替える挑戦者であることを見せてほしい。

私は彼女を応援し続けるから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://morop.blog87.fc2.com/tb.php/71-127ea17f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。